不安を解消するための保険の入り方

不安を解消するための保険の入り方

車両保険を知る

自動車保険の中で保険料の割合を大きく締めるのが「車両保険」です。
保険料が高額なため加入は必須ではありません。
また加入が必須ではない理由は他にもあります。
そもそも交通事故によって自動車が損害を受けた場合、対物賠償責任保険の補償の対象となります。
そのため対物賠償責任保険に加入していれば、車両保険は不要ではないかと考えられがちです。
ですが対物賠償責任保険の補償対象となるのは「事故相手の自動車」です。
自身の自動車は、自身の加入している対物賠償責任保険の補償対象ではありません。
もちろん、事故相手の加入している対物賠償責任保険から補償を受けることになりますが、過失割合によって全額補償されるわけではありません。
そこで車両保険があれば自己負担なく、修理することができるというわけです。
とはいっても、保険料が高額なため補償内容をしっかりと吟味する必要があります。
車両保険には「一般車両保険」と「エコノミー」「エコノミー+限定A」といった種類があります。
一般車両保険はもっとも補償範囲が広いため、保険料ももっとも高額になっています。
車対車の事故による損害から、いたずらや盗難、自然災害、自損事故や当て逃げなどのさまざまな損害を補償の対象としています。
そしてエコノミーがもっとも保険料が低くなっています。
補償対象は車対車による損害のみとなっています。
そしてエコノミー+限定Aは、車対車とアクシデント(A)である盗難、落書き、自然災害を補償の対象としています。
このように車両保険の保険料は、補償範囲に応じて増減する仕組みになっています。