不安を解消するための保険の入り方

不安を解消するための保険の入り方

単独事故や100パーセント過失の場合

自動車事故は必ずしも相手がいるとは限りません。
脇見運転や運転者の不注意のみで発生する事故もあります。
このような事故の場合は、運転者の過失は100パーセントとなります。
そのため運転者はすべての損害を補償することになります。
このような場合を補償の対象としているのが「自損事故保険」です。
自損事故保険の補償対象となるのは、ガードレールや電信柱に突っ込んだ場合や、脇見運転、居眠り運転、運転ミス、センターラインをオーバーして対向車に突っ込んだ場合などの事故相手に過失が存在しない場合です。
これは相手がいない、あるいは相手に過失が存在しないため、損害賠償請求を行うことができないため補償を受けることができません。
そこで存在するのが自損事故保険というわけです。
自損事故保険の被保険者とされるのは、記名被保険者と被保険自動車の運転者、搭乗している同乗者となります。
自損事故保険の保険金額は、1,500万円が上限となっています。
そして死亡保険金は、被保険者1名に対して1,500万円を上限として支払われます。
そして後遺障害保険として、被保険者1名に対して50万円から1,500万円が支払われます。
介護費用保険金として、被保険者が重度の後遺障害となって介護を必要とした場合、被保険者1名につき350万円を上限に支払われます。
この介護費用保険金は、後遺障害保険とは別に支払われます。
そして被保険者がケガをした場合は、その治療費に対して入院保障として被保険者1名あたり1日6,000円が支払われ、上限を100万円としています。
通院治療の場合は、被保険者1名あたり1日4,000円が支払われ、上限を100万円としています。