不安を解消するための保険の入り方

不安を解消するための保険の入り方

搭乗者の損害

自動車保険には強制加入の自賠責保険というものがあります。
加入していない自動車で公道を走行することは違法行為となりますので、契約期間の満了日に注意しましょう。
そしてこの自賠責保険は対人賠償責任保険のみを備えた保険となっています。
ですが対人賠償責任保険は、自動車事故による被害者すべてを補償の対象としているわけではありません。
すなわち人への補償として、自賠責保険のみの加入では損害賠償請求に対して自己負担が必要になることが想定されます。
そこでより多くの被害者を対象とした自動車保険を備える必要があります。
その1つが「搭乗者傷害保険」です。
搭乗者傷害保険は対人賠償責任保険では補償の対象とならない被害者の受けた損害を補償するものとなっています。
対人賠償責任保険の補償対象外となっている被害者とは、運転者や同乗者のことです。
対人賠償責任保険では、記名被保険者や同乗者を補償の対象としておらず、損害賠償責任保険ではない傷害保険としています。
すなわち自動車保険の中でも、別の保険として存在しているということです。
搭乗者傷害保険は自動車保険の中で独立しているため、対人賠償責任保険の補償が適用されようが関係なく、補償が適用されます。
搭乗者傷害保険は人を補償の対象とした自動車保険です。
同じく人を対象とした保険に対人賠償責任保険がありますが、記名被保険者である運転者とその記名自動車に搭乗している人が受けた損害は補償の対象ではありません。
そのため搭乗者傷害保険の加入が重要となっています。