不安を解消するための保険の入り方

不安を解消するための保険の入り方

対物賠償責任保険について

自動車による交通事故では人以外にも、損害を受ける対象があります。
「財物」とよばれるもので、事故相手の自動車や電信柱、ガードレール、他人の所有物件などです。
また、事故相手の自動車に搭載している物も含みます。
これらが受けた損害を補償の対象としているのが「対物賠償責任保険」です。
対物賠償責任保険の補償対象には「直接損害」と「間接損害」の2種類があります。
直接損害とは、自動車事故によって直接与えた損害のことです。
上記にあるような物の受けた損害のことで、間接損害とはそれらによる収益が受けた損害です。
例えばタクシーやバス、物流のトラックなど、収益を生む物が損害を受けたことで、想定される収益の逸失を間接損害とよびます。
また自動車だけでなく、店舗などに損害を与えたことによって、休業が必要となった場合、想定される売り上げを逸失した場合、その売り上げが間接損害となります。
このような本来の事業を行うことができないことによって、逸失した収益を間接損害とよびます。
対物賠償責任保険では記名被保険者、その配偶者(内縁者を含む)」、その同居の親族、その別居の未婚の子どもなどが補償条件となっています。
また記名被保険者に了承を得て使用した被保険自動車の使用中、もしくは管理中の者も補償を受けることができます。
このように交通事故によって損害を受ける財物には2つの種類があります。
いずれも相当な損害額となる可能性があり、自己負担で補償することは大変難しいといえるでしょう。
対物賠償責任保険は自賠責保険には備えられていません。
そのため任意保険への加入は必須といえます。