不安を解消するための保険の入り方

不安を解消するための保険の入り方

対人賠償責任保険について

公道を走行する自動車の中で、約30パーセントが保険に未加入といわれています。
公道を走行するためには、強制加入である自賠責保険への加入が必須です。
自賠責保険へ加入していない自動車で公道を走行すると、50万円以下の罰金または1年以下の懲役となります。
さらに違反点数として6点加算され、これだけで免許停止処分となってしまいます。
このように自賠責保険への未加入は非常に厳しい罰則が設けられています。
ですが自賠責保険に加入しているだけで、補償が満足かといえばそうではありません。
自賠責保険は対人賠償責任保険のみの補償となっており、さらに保険金額の上限が3,000万円と決まっています。
これだけでは損害賠償請求に応じる際に不足する恐れがあります。
すなわち補償としては不十分といえます。
そこで加入必須なのが「任意保険」です。
この任意保険には、自賠責保険同様に対人賠償責任保険が備えられています。
任意保険の対人賠償責任保険のメリットは、保険金額を無制限に設定することができるという点です。
無制限に設定することで、どのような賠償請求にも応じることが可能となります。
任意保険の対人賠償責任保険の補償は、自賠責保険の補償で不足している分を補う形で支払われます。
まずは自賠責保険が適用され、不足している金額を任意保険の対人賠償責任保険が補償するという仕組みです。
自動車保険に未加入でも現実的に公道を走行することは可能ですが、それは決して許されることではありません。
これは道交法以前の問題といえ、被害者をつくってしまった場合にどのように責任をとるのかということです。
賠償能力を備えているのであれば別ですが、よほどの資産を持たない限り、個人のみで賠償することは困難なことは明らかです。