不安を解消するための保険の入り方

不安を解消するための保険の入り方

自賠責の補償

車を購入した際に加入する「自賠責保険」。
この自賠責保険への加入は原則義務となっており、購入時に一緒に加入することになっています。
自賠責保険は自動車保険の中でも、最低限の補償のみを備えた保険となっています。
最低限というのは、自賠責保険には「対人賠償責任保険」の補償しかないからです。
自賠責保険の補償は対人賠償責任保険のみとなっており、補償の上限も低く設定されております。
自賠責保険の対人賠償責任保険の補償内容は死亡事故の場合、1人につき最高3,000万円となっており、怪我の場合は1人につき120万円までとなっています。
たったこれだけの補償しか備えていない自賠責保険は、自動車保険として十分とはいえません。
交通事故では人の他に他人の財物に損害を与えることがあるからです。
この場合は対物賠償責任保険の補償となります。
また対人賠償責任保険の補償対象は、すべての人というわけではありません。
そのため補償をさらに上乗せする必要があり、そのための自動車保険である「任意保険」への加入が必要となっています。
被害者を救済ために、必ず任意保険への加入をしましょう。
また任意保険では被害者の範囲も広く、さまざまな方や物を対象としています。
そのため補償の際、自身の負担を軽減させることができます。
こうして十分な補償を備えてはじめて、自動車を運転することのできる立場といえるのではないでしょうか。
もちろん交通事故では自身も被害者となり得ますので、運転手が補償されない自賠責保険のみの加入では万一の時に困ることになります。